エルゴベビー抱っこ紐の基本的な付け方と劇的に改善する密着方法3つ

最近、抱っこ紐といえばエルゴ、という感じにエルゴベビーをつけているママさんを街中で見かけます。

おんぶも抱っこも簡単で、赤ちゃんへのストレスも少ないで有名です。

それだけ便利なエルゴが人気でスタンダードなものになっているということでしょう。

 

今回はそんなエルゴベビーの基本的なことを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

基本的な付け方

A5649

まずは付け方です。

抱っこもおんぶもできるエルゴですが、一番スタンダードなものからしてみましょう。

新生児対面抱っこ

A3912

  1. 付属のインサートの上にベビーウエストベルトを置きます。

    赤ちゃんのお尻がボトムサポートクッションに収まるように赤ちゃんを入れます。

    ベルトを赤ちゃんの腰に巻いて留め、バックルをループに通します。

    最後に、インサートについているストラップを留めます。

  2. 次にエルゴ本体(ベビーキャリア)をつけます。お母さんのウエストにベルトをつけます。

    このときウエストベルトが地面と水平になるようにおヘソの高さに調節します。

    本体は身体の前に来るように垂らしておきます。肩のストラップとベルトを身体に合わせて調節します。

    お腹の辺りにあるキャリアアタッチメントというスナップボタンのついた部位のボタンを外しておきます。

  3. 赤ちゃんを横抱きにします。

    赤ちゃんについているベルトをキャリアアタッチメントに留め、スナップをしっかり留めます。

    赤ちゃんの背中を片手で支えながら、肩ストラップを肩にかけます。

    首の後ろで胸ストラップを留め、肩ストラップの長さを調節します。これで完成です。

 

エルゴベビー専用のインファントインサートは、体重が3.2㎏から使用可能です。

首が座っていない状態から使用することができるので、おススメです。

 

《ベビーキャリア3ポジション 新生児対面抱き》の使い方、抱き方の動画

対面抱っこ

A6394

  1. 首が座ってきたらインサートが要らなくなります。

    お母さんの腰に本体のベルトをつけます。本体を身体の前に垂らして、赤ちゃんを抱っこします。

    赤ちゃんの足をお母さんを挟むように通して、本体を赤ちゃんの背中にかぶせます。

  2. 右手で本体と赤ちゃんを支えたまま、肩ベルトをかけます。

    首の後ろにあるバックルを留め、肩ベルトのストラップで長さを調節します。

    これで完成です。

 

《ベビーキャリア3ポジション 対面抱き》の動画

首がすわるまではインサートをつけるようにしましょう。

首の後ろのバックルは調節できるので肩甲骨の上辺りに来るように調節しましょう。

スポンサードリンク

なんでかな?改善方法

A4025

インサートをつけたとき腰ベルトがきつくて赤ちゃんが開脚できない、なんてことがあります。

まず、インサートとは新生児や首の座っていない赤ちゃんを抱っこするときに使います。

そのため、赤ちゃんが無理に開脚する必要はないのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは開脚が苦手です。エルゴの抱っこ紐の場合、そんな赤ちゃんでも横抱きではなく、縦で抱けるのが魅力です。

 

まだまだ未熟な赤ちゃんを抱っこする場合は、足をインサートで包み込みます。

これで安定しますが、大きくなってきて足をしまえず開脚にして入れる場合、きついな、と感じたら本体の横に取り付けるスワルドストラップを外してお尻のほうにあるアタッチメントストラップにつけかえましょう。

これだけでインサートがずれにくくなるので安定します。

骨盤でしっかり支えるコツ

A9348

エルゴが一番選ばれるのはお母さんへの負担が少ないからです。

それでも腰が痛い、肩が痛い、ということが起こってしまうのは、付け方の問題かもしれません。

 

骨盤でしっかりつけるポイントをまとめてみました。

①腰ベルトはお母さんのおへその高さ

お母さんが自分のおへそに手をお椀型に置いたとき、赤ちゃんのお尻がそこにある、というのが腰抱きの理想の位置です。

赤ちゃんが窮屈で苦しいかも、と思って緩めにつけていませんか?

しっかりつけたほうが赤ちゃんも安心しますし、抱っこ紐も安定してつけられます。

お母さんの身体に密着させるように抱っこして、両脇のベルトにたるみがないように調節してみてください。

②肩紐はしっかり内側

肩紐がずれてきたり横に広がっていませんか?

首の後ろ、肩甲骨辺りに来るベルトをしっかりと締めてください。

たるみをなくすことで余計な空間がなくなってしっかり支えることができます。

 

エルゴも万能ではありません。

全ての方に合うかと言われればそれはNOなので、最初は自分の身体に合った抱っこ紐を探すことをおすすめします。

首が座っていない赤ちゃんの首を支えるコツ

B10759

首が座っていない赤ちゃんをインサートなしでエルゴを使うのは危険です。

エルゴにも適正体重というのがあります。

それに達していなかったり、首が座っていないまま赤ちゃんをそのままエルゴに入れるのは様々な危険が伴います。

エルゴの隙間から落ちてしまったり、身体がエルゴの中で二つ折りになったりするかもしれません。

 

エルゴで抱っこしたとき、首が後ろに行ってしまうならインサートを首元で折るのはどうでしょうか。

そうすれば首元がしっかりと支えができるのであまりガクガクなりません。

あとは密着させて抱っこすれば改善できます。

 

エルゴはお母さんと赤ちゃんに一番優しい抱っこひもです。

ですが、それもきっちりつけなければお母さんと赤ちゃんにとって負担になるでしょう。

一番はお母さんの身体に合う抱っこ紐を探すことです。抱っこ紐はエルゴだけではありません。

自分に合ったものをきっちりつけることでお母さんも、そして赤ちゃんも楽になることでしょう。

 

●エルゴベビー インファントインサート

2000円前後から買えるエルゴ用インサートは、メッシュ加工なので夏も涼しく、赤ちゃんの肌に優しい作りになっています。

 

その他、人気の抱っこ紐の紹介や、定番商品の正しい装着方法などを以下にさらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

→【新生児からおすすめの人気の抱っこ紐のランキングや正しい装着方法

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ